中古マンションを狙え! Vol.1

(2005年03月07日)

リフォームマンション今、サラリーマンの間で不動産投資が大きなブームになっています。地価は安定し、これ以上価格のダウンがないと見込んだ人たちが、お小遣いを節約してマンションオーナーに名乗りを上げています。

東京都内の大家さんの20%はサラリーマンと言われています。

収入が抑えられる経済情勢、また将来の年金受給の不安、退職金ってもらえるのだろうか?というような不安から、自己防衛を求めて不動産投資を始めました。

アメリカでは、古くから中古住宅の売買が盛んですが、中古住宅を購入し手を入れて素敵な家に再生してから売りに出す。
これはアメリカ経済を支える一つの要因となっているほどです。
 
日本でも数年前から「金持ち父さん、貧乏父さん」という本が売れていましたが、それを実践するサラリーマンが増えてきたことが、今回のブームになっています。成功した一例を挙げますと、
28歳のサラリーマンが家賃収入年間240万円。33歳のサラリーマンは同じく180万円。43歳の主婦が年間444万円。という記事が週刊スパに掲載され話題を呼びました。

マンションオーナーと言えば、一棟丸ごとをイメージしますが、この方たちも最初は一戸のマンションや住宅を購入して賃貸に回し、収益を上げてから一棟、二棟と増やして行った方々です。弊社の賃貸管理させて頂いています多くのオーナーさんたちのスタートも同じでした。
まずは、生活に負担のない範囲で小さな物件を手に入れ、家賃を貯めて次の物件を購入する。というスタイルがプチオーナーから将来の大家主になれることと思います。

人気blogランキング登録してまーす!クリックしてね!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク