間取り

(2005年03月05日)

方位家の間取りを考えるとき、家相とか風水など考える人が多くなりました。
夢のマイホームですから、いろいろ勉強して自分で納得できる家を創ることはたいせつなことだと思います。

昨夜テレビを見ていると、細木数子さんが細木方位学のお話をしていました。
そのお話によると図のようになるそうです。

今までの経験のなかで私が思うに、それらの事を考え込みすぎると出口が見えない闇の中に入り込んでしまうことがあるので、注意して下さい。
楽しいはずの間取り計画が苦痛になってしまいます。

日本の敷地。とくに都市部は道路(入口)のアプローチ、駐車スペース、隣地との
関係等などいろいろな制限が多く、その中に風水方位学などを組み入れていくと間取りが入らなくなったり、考えていた以上に予算がかかったりしてしまうものです。

出来るだけ、優先順位を家族で相談して決めて計画することをお勧めします。 
間取りの相談は楽しいですね。十分時間をかけて楽しみながら みんなでワイワイガヤガヤ相談してください。

あっ そうそう。もうひとつ。

今だけを考えるのではなく将来の家族構成やライフスタイルも考えながら決めてください。
簡単なリフォームで快適な生活が長く出来ますように。

人気blogランキングに登録してます。
クリックお願いしま~す!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク