運を良くする生き方

(2005年05月22日)

こおろぎ私の考え方に影響を与えていただいている(時には辛く 時にはしょっぱく、時には甘く)オリジン・コーポレーション 代表 杉井保之さんが発行している情報誌「こおろぎ」があります。

杉井さんのお許しをいただきましたのでその一部を紹介します。

運を良くする生き方

『運』とは、(他力)のことだと考えています。
現代では、多くの人が自分の力で数字を上げ、自分の力で幸せになろうとしています。
が、私にはそんな力はありません。ですから人に力を貸してもらえる生き方をしなくてはならないのです。
人に好かれ、人から応援してもらう生き方をする以外に、たいした力もない私が幸せになれる方法はないと思うのです。
人や物を喜ばせる生き方が「運を良くする生き方」だと私は思うのです。
電車の中で化粧する人が増えてきたように、最近では「公(人の中で生きている)」という感覚が薄くなり「私(自分ひとりで生きている)」という感覚が強くなってきていますが「公」を気にしない生き方は「運を悪くする生き方」だという気がしてならないのです。

出来ないことは悪いこと?

CL(建設的な生き方を学ぶ)とは、頭で分かっていても行動しない人、人に支えられている幸せを見落としている人、自分をコントロールすることが苦手な人、感情に流されやすい人、プレッシャーに弱い人、結果を出したい人などに役立つ教育方法です。

多くの人は「うまくいくこと」を「良いこと」と考えていますが、これはとても危険な考え方だと思います。それだと失敗を恐れて新しいことに挑戦しなくなり、人生が狭くなると思うのです。

これまでやったことの無いことに挑戦すれば「うまくいかない」という壁にぶつかるのは自然なことです。逆に言うと、壁にぶつかっているときに新しい力がつくのですから、うまくいかない自分を嫌う必要はまったくないのです。
人生の壁は誰の人生にも訪れます。そのときに必要な行動をとれば、それがCLです。

以上が一部抜粋文です
私もこのブログを始めるきっかけは、今までお世話になった皆様への感謝の気持ちです。
他力で今までやってこれて本当に感謝です。
うまくいかないこともいつもです。
でも、その時々に皆さんに助けていただき、勇気をいただき、元気をいただき
今日までこれました。

皆さん、いつも いつも本当にありがとうございます。

人気blogランキング登録してます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク