社長ブログ

今月も こおろぎ が届きました【パート2】

(2005年08月27日)

こおろぎ

本気

私も勤め人をしていたころは、会社や上司に不満を感じていました。他人の足りないところ、会社の問題点を話しては被害者になっていたと思います。

しかし、経営者になるとそうは言っていられません。事実は待ってくれないのです。社員さんに欠点があろうが、不満があろうが、給料は払わなくてはなりませんし、お客様に満足していただかなければ家族が路頭に迷います。

社員さんは平気で「出来ませんでした」と言いますが、経営者は「給料は払えません」と言えないのです。だから不満を言うのではなく、何とかする方法を謙虚に行うようになれたのだと思います。

今の日本では、それほど努力しなくても生きていくことは出来ますし、自分を変えることは面倒なことです。ですからほとんどの人は「何とかなる」と考えて、本気で自分や自分の大切な人達の将来を考えていないのだと思います。自分が楽をした分、そのツケを自分の大切な人達に背負わせることになると考えていないのです。

よく「人生が変わらない」と言っている人がいますが、ほとんどの人は本気で自分を変えようとしていないのではないでしょうか?

誤解がないようにしたいのは、本気になれば何でもできる(うまくいく)と言っているのではありません。目の前の問題が解決するかどうかは分かりませんが、本気になれば謙虚になり、その変化は誰から見ても分かると思うのです。そうすると、その人をとりまく環境が変わり、人生も変わっていくのです。

本気で大切な人たちのことを考えると、私はどうしても変わらなくてはなりません。

杉井保之氏 こおろぎより

人気blogランキング登録してます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク