社長ブログ

カゼに負けるな!ウイルスをシャットアウト

(2006年01月30日)

カゼの原因のほとんどはウイルスによるものですが、このウイルスを完全に退治する特効薬はいまだに開発されていません。結局、一番の予防は、ウイルスに負けない身体をつくることです。

特にお茶(緑茶・紅茶)でのうがいは予防効果バツグン。お茶に含まれるカテキンの殺菌能力は、すべてのタイプのインフルエンザ・ウイルスに効力があります。
また、手洗いは30秒間洗うと水だけでも無菌になるといいます。

免疫力が明暗を分ける?!

同じような環境にいても、カゼをひきやすい人とひきにくい人、また、ひいても軽くすむ人と症状が重くなる人がいます。
この明暗を分けるのが免疫力。免疫力を左右するのは毎日の生活習慣です。日頃から免疫力を高める生活を心がけましょう。

免疫力を高める5つの方法

1.【笑う】 笑うとNK細胞(免疫細胞)の働きが活発になり、免疫力がアップします。
2.【バランスのとれた栄養】 特に抗酸化力のあるビタミンCをはじめ、ビタミンB郡は免疫力を高めます。また、大根、キャベツ、たまねぎなどの白い野菜は、多くの免疫細胞を活性化させます。
3.【十分な睡眠】 夜は免疫を高めるリンパ球が増える時です。例え眠れなくても、身体を横にして休めているだけで免疫力は高まると言われています。
4.【ストレスをためない】 ストレスは自律神経を弱め、免疫力・抵抗力を低下させます。
5.【適度な運動】 軽めの有酸素運動はNK細胞を活性化させ、免疫力を高めます。

勝て!菌!
「カテキン」の名前はダテじゃない!

風邪の予防はうがいと手洗いが基本です。

温度と湿度をコントロール

ウイルスは高温・多湿に弱いもの。しかし部屋の温度を上げすぎると、身体の抵抗力が弱くなり、しかもエアコンだけでは乾燥が進みます。温度は20~25度にして、むしろ湿度を上げたほうが有効です。湿度が50%になると、ウイルスは約3%の生存率しかなくなります。できれば加湿器を併用し、60~80%に保つとよいでしょう。

《カゼにつきものマスクの役割》

のどが乾燥すると異物(ウイルス)を排除する働きが弱まります。そこでマスクの活用を。マスクは、ウイルス感染を防いだり人にカゼをうつさないようにするだけでなく、乾燥した空気からのどの潤いを守ります。

以上 事務所通信より

例年以上に風邪で体調をくずしている人が多いそうです
健康第一 皆さんの健康をお祈りしています

人気blogランキング登録してます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク