社長ブログ

ハラハラ・ドキドキ

(2006年01月11日)

生まれて初めて、内視鏡検査をしました。
数週間前から、のどから胸にかけて違和感が時々おきる症状が出始めました。
はじめは、気にもとめずにいましたが正月の3日は一日中気になるようになり、翌日、4日に病院に行ってきました。

内科の先生いわく、何かストレスがありますか?
私は、ストレスなんてありませんよ。
念のため、内視鏡検査してみましょう。
ということになり、新年早々初体験をしてきました。

痛いのかなぁー と思いつつ病院に重い足を運びました。
すると、どうでしょう。
点滴に麻酔薬を少し混入しただけなのに、私は眠りについてしまい、目が覚めたら、検査はすでに終了していました。
結果は後日、担当医の先生に確認に行ってきます。
医学の進歩は凄いなー。

ところで疑問に思うことがひとつあります。
検査の時、看護婦さんに麻酔をかける前にズボンのベルトをはずし、止め金もはずし、チャックも下げてください。と指示を受けました。

目がさめた時、私は別室のリクライニングした椅子に横たわっていました。
ということは、誰かがベルトを締め、ここまで大きな私を運んでくれた事になります。
それほど、私の体は動いていたはずなのに、全然気がつきませんでした。
麻酔の力は凄いなー。

人気blogランキング登録中~~!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク