社長ブログ

安全パトロール

(2006年04月21日)

新年度を向かえ気持ちも新たにスタートです。
今年度も安全第一で無事故を目指して社員一同頑張ります。

今回の安全パトロールの現場は
 1、中白根開発工事
 2、白根地区環境整備工事
の工事現場のチェックをしてきました。

中白根開発工事現場 入口付近中白根開発工事現場 入口付近

ビニールシートで養生出来あがった擁壁をビニールシートで養生しています。
この養生には、二つの理由があります。
ひとつは完成した擁壁の汚れを防ぎます。
外での作業ですから、天候の問題、隣接の作業の問題など完成した商品を台無しにしてしまう要因はいっぱい有ります。
お客様には新品をご購入いただく訳ですから細心の注意が必要です。


コンクリートの硬化上の対策二つ目の理由は、コンクリートの硬化上の対策です。
急速にコンクリートを硬化させるとコンクリートにはよくありません。
じっくり、ゆっくり育てます。
春は特に風が強いのでコンクリートの硬化が急速に進みます。
急速に硬化が進んだコンクリートは強度が弱くなります。
お客様には良い商品をご提供し続けたいと思います。

擁壁の裏側には雨水排水を手助けするために、裏込め栗石を施行します。
この栗石の施行巾は設計上定められています。
規定の施行巾を確保するために型枠を組み込み施行しています。

捨てコンクリート擁壁を築造する為に捨てコンクリートと呼ばれる下地のコンクリートを施行します。
隠れてしまう箇所ですから、いいかげんな施行になってしまうことが多い仕事ですがこの現場は大丈夫です

昨日、横浜でいたましい事故が起きました。
無人トラックが坂道を走り出し、児童をはねてしまいました。
人ごとではありません。
私たちの現場でも多くのトラックが使われています。
坂道も当然あります。
車から離れる場合は、車輪に歯止めをするように指導しています。
今回のパトロールでは、この点のチェックに重点をおきました。

安全パトロールに行けなかった現場もあるので、明朝、緊急朝礼を開き車輪の歯止めに関しては再度注意を促します。

人気blogランキング登録してます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク