社長ブログ

横浜雨漏り110番

(2006年04月12日)

朝8時前に一本の電話が入りました。
私たちの会社は、横浜市旭区で30年以上営業させていただいております。

電話の内容は、築10年を超えている木造2階建住宅にお住まいの方からの【SOS信号】でした。
ここ数日の雨で窓付近から雨漏れが発見されたようで修理のご相談です。
この方は、中古住宅をお買い求めになり、今までは雨漏れは発見されていなかったそうです。

築年数も10年を超えると、いろいろな箇所に不都合が現れてきます。

特に、外回りの屋根や外壁等は出来れば築後7年を越えたあたりからメンテナンス工事を考えたほうが無難です。

立地条件によっては、外壁の状況やコーキングの状態が非常に劣化しているお宅は少なくありません。
10年に一度ぐらい考えれば・・・
というお話を良く伺いますが、状況によっては前倒しで対応を考えないと大変なことになってからでは遅いのです。

せっかく購入した家だから快適に長く住んで頂きたいと思います。
その為には、定期的なメンテナンスを必ず専門家の目で確かめてもらいたいと思いますし、何らかの治療が必要な状況では早めの修理をお勧めします。
結果、費用的にも、工期的にもお住まいになっている方の負担が最小限で住むはずです。

家は生きています。

定期健康診断を受けて、悪いところが発見されたら早めの治療をお願いします。

人気blogランキング登録してま~す!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク