日本を美しくする会

(2006年06月28日)

6月17日、18日の両日
「関東ブロック 春季年次大会」が川崎で行なわれました。

17日は株式会社タニサケ 取締役会長 松岡さんの記念講演会と、その後交流会が開かれました。
あのトヨタをしのぐ利益率を実現した、日本一の知恵工場をつくられた松岡会長。
社員数28名、年間売り上げ約8億 で経常利益はなんと2.5億をたたき出すモンスター会社に会社を導いた手腕。
テーマは「平凡なことをやり続けて日本一を目指す」でした。

松岡会長がお話いただいた言葉の一部をご紹介します。

1.一流の人は明るい。明るくなりたいといつも意識し、人を見たら微笑む。
2.大きな声で挨拶する。
3.仕事には、やる仕事とやらされる仕事があり、やる仕事の中に成長が隠されている。
4.心の持ち方は、明るく陽気に。陰気はいけない。
5.勉強もやらされる勉強からやる勉強へ。こころざし。目標を持つ。
6.今、与えられた仕事の手を抜かずにやる。結果、仕事が楽しくなる。
7.成功者ほど、朝型人間。いつもより5分早く出社してお掃除(玄関等)をする。結果、自己中心から他者中心に変わってくる。
8.自分のほしいものを人に譲り、人を喜ばせる。
9.釣った魚だから餌をやり育てる。
10.人生は燃えることなり。燃えて人を喜ばせる。
11.会社を好き、仕事を好きになる。その為には「ありがとう」の言葉を発する。
12.目指すは日本一の「ありがとう」の言葉を発することが多い会社。
13.プロは一日一日進化する。
14.改善は苦しい。しかし、返ってくる実は甘い。人を喜ばせることは辛く、苦しい。でも、必ずその努力は返ってくる。
15.お客様への最大のサービスは社員さんの人格の向上。上に立つものが人格を向上させる。
16.続けることは難しい。しかし、やり続けることが大切。続けることは、幹部も自ら取り組む。自分もやる。評論家はダメ。
17.葉書を書く。一日3枚。葉書には、明るい言葉が書かれ、自分磨きとなる。
18.良いものをつくる為には、自分が素直になる。成長は素直さと比例する。

他にも、とても参考になるお話をいただけました。
松岡会長 ありがとうございました。

人気blogランキング登録してます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク