リフォーム詐欺 「我が家への思い」逆手に

(2006年06月16日)

年金奪われ怒る被害者

「住み続けて、愛着のある家。守らなければ」

三共総建で不要な住宅リフォームをさせられた横浜市戸塚区の一人暮らしの男性はその思いにつけこまれ、怒りをあらわにした。
男性は昨年、三共総建と契約。
「土台の土が軟らかくなっている。早く手を加えないと家が危険」と補修を迫られた。
その後も、「ここが悪い、あそこも悪い」と工事をすることに。

今年2月になって、消費者センターに相談し,解約を伝える書面を出した。
すると、逮捕された社員が押しかけ「見積りを出させておいて他の業者に頼むつもりか」と脅かされた。
三共総建は、サムニンが摘発されると、新聞記事を持って名簿先を訪問し、「前の業者の工事はひどい。補強した方がいい」などと言って契約を取っていた。

逮捕された社長の長谷川容疑者は社員に「取れるところから、どんどん取れ」と指示、一日に一契約のノルマを課していた。
かながわ中央消費者センターによると、県内のリフォーム詐欺関連の相談は、2005年が2413件にのぼった。6割が高齢者からで、「1000万円以上の高額被害」というケースも71件あった

2006.6.13 読売新聞より

依然、リフォーム詐欺が後をたちません。

リフォームで失敗しない本小冊子『リフォームで失敗しない6つの秘訣』を悪徳リフォーム業者に騙されたくない方に限り無料プレゼント致します。
書店では販売されていません。
小冊子をご請求していただいたからといって、当たり前ですが当社に建築工事を依頼する義務はありません。
しつこい営業もいたしませんのでご安心してお申し込み下さい。

お申し込みは こちら からどうぞ
「リフォームで失敗しない6つの秘訣 希望」と明記してください。

人気blogランキング登録してます!クリックしてね!(^o^)丿

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク