横浜都筑区でグループホームを造ります

(2006年06月03日)

高齢者の増加に伴い、各所で高齢者向けの施設建設が行なわれています。
私たちの会社でも、グループ会社にて在宅介護、グループホームの運営をさせていただいております。

今回、設計 建設工事のご協力をさせていただくのは、昨年も横浜市金沢区にてグループホームの建設紹介をいただいた会社さんで、今回は横浜市都筑区にて計画を進めさせて頂きました。

計画地は河川に隣接していて、公道に接していません。
結果、河川に橋をかけ対岸の公道から建築基準法上の道路を計画地まで延ばし、その道路を使い建築確認の所得をしなければいけません。

グループホーム建設のための橋を造る工事の許可がこのたび関係部署から認可され、昨年末から橋の建設工事がスタートしました。

橋1橋2

橋台と呼ばれる、橋を支える両岸の工事が無事終了。
いよいよ橋をセットする日が来ました。

この橋は、プレキャストコンクリート造というもので、工場にて製作し、現地に搬送後、大型のクレーン車にて吊り上げ橋台にセットします
この日用意したクレーン車はなんと50Tもの重さを吊り上げることが出来る超大型クレーンです。
施工誤差は数ミリ単位しか許されません。
緊張が走るこの日の作業となりました。

橋3橋4

橋を50Tの大型クレーンが吊り上げます。

橋のセットが完了したところです。

橋の新設工事が終われば、いよいよグループホームの建設工事が始まります。
もちろん、木造で造ります。
木の良さを一番知っている高齢者の為の施設ですから・・・。

人気blogランキング登録してます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク