安全パトロール

(2006年10月30日)

安全パトロールを毎月開催している理由のひとつに、社員教育があげられます。
多くの現場(事例)を見ることは、とても大切なことです。
まったく同じ条件の工事現場は、ほとんどありません。
しかし、類似した現場は数多く存在します。
多くに接することにより、確実に実力が上がります。

今回は、私を含めて3人で安全パトロールを実施しました。

保土ヶ谷区上菅田町地内舗装補修工事11.保土ヶ谷区上菅田町地内舗装補修工事

現場は整理整頓がいきとどいていました。
安全の基本はやはり整理整頓です。

保土ヶ谷区上菅田町地内舗装補修工事2

緑区舗装補修工事2.緑区舗装補修工事

車両通行止めにて工事を行なっていたので、第三者の交通に対しての問題は特に認められませんでしたが、この地域は山坂が多く、工事中の駐車工事車両の車止めを含めた安全管理がポイントのように思いました。
それというのも、先日ご相談いただいた建築補修工事は、坂道に止めておいたトラックが無人で走り出し、追突して破損した建物の補修工事だったのです。
横浜では、無人で走り出した車により死亡事故まで発生。
駐車中の工事用車両の管理は、とても重要です。

今宿小学校屋内運動場改修工事3.今宿小学校屋内運動場改修工事

解体工事が終了し予定どおり、内装工事が行なわれていました。
屋外運動場に隣接して工事車両が行き来していますので、区画フェンスの設置状況の確認を頻繁に行なう必要があります。

以上3現場の確認を行ないましたが、大きな指摘事項も無く、安全に配慮した工事を進めてくれていました。

人気blogランキング登録してます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク