苦情

(2006年11月26日)

横浜市営バスの営業所に苦情の電話を入れました。
始発バスが再三にわたり遅れている話を、利用者から聞いたからです。
私は、バスは利用していません。だから、何の実害もありません。
出発時間の遅れている話を聞いただけでは、電話を入れる(苦情を言う)つもりは無かったのです。
が、注意した利用客に対して運転手さんが、言い訳や時には文句を言っていると聞いてしまえば、私のブレーキは解放されてしまいました。

知人の紹介で、中田横浜市長と共に日本を良くする万縁の会に入会させて頂きました。
その中に、言うべきことをはっきり言う。という言葉があります。
謙虚さがなくなる兆候として、真っ先に上げられている言葉が、
『時間に遅れだす。』です。一度や二度ならともかく、頻繁に遅れているということは・・・
これを、お役所仕事と言わずして何をお役所仕事と呼ぶのでしょう?
公共機関 大勢の人が利用しているだけに、頑張ってほしいです。

人気blogランキング登録してますー!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク