さいたまハガキまつりに参加させていただきました

(2006年11月11日)

ハガキ昨年から始めた複写ハガキの差出枚数が、500枚を超えました。
知人の紹介ではじめた複写ハガキですが、こんなに続くとは・・・

『ハガキは相手の名をかりて、半分は自分自身に書いているようなものです。』と語っているのは、「ハガキ道」家 坂田 道信さん。

戦中、戦後の教育界において独自の教育哲学と生き方を貫き、多くの人々に影響を与えた教育者・哲学者、森信三先生。
森先生が提唱した実践哲学の一つが「複写ハガキ」だそうです。

そして現在、その最も忠実な実践者が坂田道信さんです。

人間の価値は友達の数です。
複写ハガキは友達づくりには最高です。と公演の中でお話されていました。
さいたまハガキまつりで元気と新たなる出会いを頂いてきました。
関係者の皆さん、お世話になりました。
そして、有難うございました。

人気blogランキング登録してます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク