ハウスメーカーの分類についてのお話です

(2011年01月25日)

こんにちは。
中鉢(ちゅうばち)建設の専務の中鉢です。

今回も続編です。

ハウスメーカーにはどんなタイプがあるでしょうか?
工務店のように、その組織体系および営業方法によって、これといった分け方は出来ません。

強いて分けようとすれば構造、工法によって分けることが出来ます。
大きく分けると在来工法、2×4工法、鉄骨造、RC造の4種類です。

いろいろな種類に見えるのは、差別化を図るために、在来木造の柱とはりに集成材を使ったり、在来木造に壁式の補強を入れたり、外断熱を売りにしたり、外部窓やドア、フローリングなどの仕上げ材に輸入の材料を用いることにより輸入住宅と称しているからです。

次回は、ハウスメーカーの特質についてです。

追伸
メールマガジンの登録は、右側の登録フォームから登録出来ます→

人気blogランキング登録中です。
クリックお願いします。

20100125

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク