「明るい漁村プロジェクト」 第一話

(2011年09月15日)

宮城県石巻市の小さな漁港。

漁師さんたちは、震災から半年経過した今も仕事が出来ません。

このプロジェクトは作家の荻野アンナさんが中心となり、被災した漁港に笑顔を取り戻そうと挑んだ物語です。

わたしたちもお手伝いをさせてもらいました。

以下、荻野アンナさんのブログの一部です。

こんにちは、荻野アンナです。

東日本大震災の被害は甚大なものでした。震災後のご縁で石巻の浜(小網倉浜)の漁師さんたちと出会いました。

3.11以来、米一粒もらっていない人たちとの出会いでした。

「いまさら支援物資はいらない。自分たちで働いて自立したい」

すべてを失った人ほど前向きです。

しかし漁業を再開するにも、肝心の桟橋がありません。市の本格的な復旧工事を待っていては、いくつもの大切な魚の季節を逃してしまいます。

現在、仮設の桟橋を建設するお力になるべく、「明るい漁村プロジェクト」と名した支援活動を行っております。

工事は9月半ばから始まります。良心的な建築会社(横浜の中鉢建設)がボランティア値段を提示してくれました。

「仮設」なので数年後には取り壊す可能性を残しておかねばなりません。

私は『大震災 欲と仁義』の印税にボーナスの一部を足してお送りし、工事の手付金としました。むろん、まだまだまだまだ、全然まるきり足りません。

某日本×十字その他大手と違い、相手の顔の見える、ピンポイントの支援です。一円一円が即効役に立ちます。希望の桟橋のために、夢を形にするために、ぜひともよろしくご支援のほどお願いいたします。

1円でも10円でも結構です。口座は急なことで私名義になっておりますが、このための特別のものです。すべては今後公表、公開させていただきます。

【ご寄付専用口座】

横浜銀行 元町支店
普通 6032896
荻野 安奈

ということで、

工事は始まりました。

1.5mから2mぐらい地震の時に沈下したそうです。

潮の関係でこれまでの港が水没しています。

大潮の時期を待って、桟橋工事がスタートです。

9月7日石巻1

9月7日石巻2

9月7日石巻3

9月7日石巻4

9月7日石巻5

9月7日石巻6

人気blogランキング登録してます。

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク