ズーラシア動物園に『アフリカ原住民の住まい』を再現します!(その11)

(2011年12月01日)

今回は屋根工事です。

小屋組みと呼ばれ、屋根の下地丸太を取り付けています。

ズーラシア

ズーラシア

この建物は家畜舎です。

住まいに隣接して、家畜舎を設けています。

木造で作っていますが、実際はこんなに良い材料は使えませんのでこのあたりが、日本の建築基準法を守りながら作らなければいけないジレンマがあります。

仕上げで、実物に近づけたいです。

PS.

東日本大震災の復興工事が動き出しました。

我が故郷の宮城県仙台市に支店を設け、お役に立ちたいと活動を開始しました。

ところが現地は超人手不足です。

復興工事を受注しても、人手不足で工事が出来ない状態です。

昨夜、30年間やり取りなかった故郷の高校時代の同級生から突然電話がありました。

当社が仙台支店を開設した話しを聞いて、仙台で仕事を手伝ってくれる協力業者さんを探してくれているとのことでした。

嬉しくて涙が出そうでした。(涙)

故郷の被災者を救おうと立ち上がった仙台支店ですが、昔の仲間が私の応援をしてくれて、なんだか立場が逆になってしまいました。(嬉涙)

東北地方はこれから厳しい寒さを向かえ、大変な作業環境になりますが、お世話になった故郷や仲間のために、頑張ります。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク