仙台出張 3.11復興日記 (その4)

(2012年03月02日)

毎月仙台支店に社員さんを元気付けに行っています。

その時の報告を通して、元気になっていく仙台の状況をお知らせしたいです。

仙台から車で1時間弱。

加美町の田川橋の取り付け部分で歩道部分の地震災害による復旧工事をしています。

地震により道路の歩道部分が崩れ落ち、歩道が凸凹になってしまいました。

その歩道部分を平らに直す工事です。

車道と歩道の境に、コンクリートのブロックで仕切りを作ります。

田川橋

歩道と車道を仕切るブロックを並べる仕事です。

ブロックはとても大きくて重いので、基礎コンクリートと呼ばれるコンクリートで作った土台の上に並べます。

田川橋

コンクリートはセメントと水が反応して硬くなります。

この時期の気温はマイナスになることがほとんどで、

コンクリートが固まる前にコンクリート中の水分が凍ってしまうと、コンクリート本来の強さになりません。

田川橋

そこで練炭の登場です。

養生シートをコンクリートにかけて、練炭でコンクリートが固まるまで温めます。

いわゆる『こたつ』状態にして凍らないようにしてあげます。

コンクリートが凍らないように注意することは、東北地方に限ったことではありません。

関東だって時には凄く寒い日がありますよね。

自分の家造りで注意したいことの一つです。

こんな寒い日にコンクリート仕事をして良いんでしょうか?

って疑問に思ったら、工務店さんにたずねてみましょう。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします。

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク