6月度 宮城県のパトロール(その5)

(2012年07月10日)

仙台市内にある、鼻毛橋の耐震補強工事現場は、

道路部分の舗装工事の施工中でした。

切削機といわれる、大型の建設機械で、アスファルト舗装を削ります。

鼻毛橋

鼻毛橋

鼻毛橋

道路が凸凹になったところで、工事をしている様子を見たことがある人も、多いのではないでしょうか。

道路の凸凹を削り取り、新しい舗装をして、道路を平らに改修するケースです。

鼻毛橋の場合は、これとは少し違います。

アスファルト舗装部分を削り、橋のコンクリート部分をあらわします。

橋台といわれる部分です。

この部分には、長年、雨水や車の振動など、さまざまな外部要因により壊れている部分があります。

この壊れた部分の治療をしてから、アスファルト舗装をします。

道路幅が狭く、片側交互通行での作業のため、通行中の皆様には、大渋滞にて、ご迷惑をおかけしました。
通行中の皆さんごめんなさい。

鼻毛橋

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします。

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク