9月度  現場パトロール(その2)

(2012年09月15日)

この現場は本社から近く、外断熱工法での木造住宅新築現場です。

外断熱工法木造住宅

基礎工事が完了し、コンクリートの養生期間中です。

基礎の外側に断熱材が貼り付けられています。

外断熱工法木造住宅

この外側の断熱材で、内部を魔法瓶のように断熱します。

基礎部分も建物部分も外側から断熱するため、すき間が出来にくく、断熱効果を高めることが可能です。

寒い地方ほど採用されている工法です。

最近ではエネルギーの節約の声が大きくなり、冷暖房の効率の良い外断熱工法が一段と注目されるようになりました。

コンクリートは、ご存知のようにすぐには固まりません。

4週間(28日間)の強度で、コンクリートの種類は分けられます。

そのため、許されるかぎり、コンクリートの養生時間は確保しましょう。

コンクリート打設後、まだ固まらない状態でひびが入ると、必要な強度を確保できなくなるなど大問題につながります。

夏季でも、一週間以上は養生期間を確保しましょう。

冬季になれば、気温にもよりますが夏季以上の養生期間を確保しましょう。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします。

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク