社長ブログ

9月度 宮城の現場パトロール(その9)

(2012年10月12日)

仙台市の北側 海沿いの町 塩竃市(しおがまし)でも、東日本大震災により被災した下水道の復旧工事が本格的に始まりました。

この地域は海の近くで、塩竃港からもすぐそばです。

海水の影響を直接受けます。

地盤も砂地盤が多く、下水工事で穴を掘るのは大変な場所です。

砂地盤で海水を含むと、掘るとどんどん崩れます。

海水浴で砂遊びをしたことがあると思いますが、あの状態です。

そこで、地盤が崩れないように、薬液注入工法という地盤強化改良工事を、下水工事に先立って行います。

塩竈市の下水道復旧工事

塩竈市の下水道復旧工事

塩竈市の下水道復旧工事

塩竈市の下水道復旧工事

地盤改良工事を行うと、穴を掘っても崩れにくくなります。

地盤が弱いところに住宅を建てるときなども、この薬液注入工法で地盤を強化して、建てることもあります。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします。

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク