2013年横浜施工現場のパトロール(その3)

(2013年03月25日)

横浜市内は山あり、谷あり、海ありで

自然の地形が満喫できます。(笑)

その分、安全に暮らすためには、私たち建設作業に取り組む人たちの活躍する場面も多くあります。

この現場は、民家の裏側がガケになっていて、崩落の危険があります。

ガケの上には、別の民家もせまって建っています。

急傾斜地の崩壊を防ぐための工事が横浜ではあちこちで行われています。

とくに、雨の少ない今はこのような工事を行うには適した時期です。

今にも崩れそうなガケですが、コンクリート製の構造物をつくり、

ガケ崩れを防ぎます。

ガケ崩れを防ぐ工事

ガケ崩れを防ぐ工事

ガケ崩れを防ぐ工事

民家が立ち並び、土木用の作業用機械が入れないような、狭い工事場所も少なくありません。

その時は、人の力で作業を進めるしかありません。

最後まで、無事故で作業して欲しいです。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします。

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク