社長ブログ

2013年4月度 宮城のパトロール(その4)

(2013年04月24日)

宮城県塩竃市は、仙台市の北側に位置した港町です。

港に程近い商店街や昔ながらの飲み屋さんの街も、

もちろん3.11の大被害を受けています。

塩竈市で下水管工事

塩竈市で下水管工事

塩竈市で下水管工事

このあたりの飲み屋さんは、いわゆるスナックみたいなお店が多いようです。

塩竈市で下水管工事

夜になると、酔っぱらいさんが闊歩する地域のようですから、

工事現場で、つまづいて転ばないように

しっかり安全対策をする必要があります。

ダンプトラックになにやら張り紙がしてあります。

塩竈市で下水管工事

塩竈市で下水管工事

【誘導が無ければバックしません】

これは、事故を防止するためには、とても良いアイディアだと思います。

作業をしている状況をのぞくと、そこは大変な困難な現場でした。

塩竈市で下水管工事

塩竈市で下水管工事

地下の汚水管が大震災で壊れ、

壊れた汚水管がいまだにそのままになっています。

住民は生活していますから、汚水を震災前のように流しています。

要するに、下水本管が壊れているのに、

地下には汚水がどんどん流されるということです。

そこに穴を掘り、壊れた汚水管を交換しながら修理していきます。

ところが穴を掘ってみると、そこには雨水管やガス管、

水道管、NTT管などが所狭しと、埋められています。

山止めと呼ばれる土砂の崩れ止めの処置も、

これらの既設管が邪魔をしてまともにできません。

また、あまりにも近くにたくさんの管が埋められているため、

機械が思うように使えません。

結果、土砂が崩れないようにするための山止めの処置をしないで、

機械が入らないため、人の力で穴を掘らなければなりません。

危険なところに作業員さんが入り、作業しなければならないのです。

危険なところだから人ではなく、機械で作業するのが普通です。

しかし、ここでは危険なところは人の力に頼るしかないのです。

矛盾を感じながら、作業を進めざるを得ません。

現場で作業している皆さん。

本当にご苦労様です。

でも、くれぐれも安全第一で作業してください。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします。

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク