社長ブログ

2013年4月度 宮城のパトロール(その5)

(2013年05月01日)

塩竃市は港町で、以外と平坦なところに街並みが集中しています。

それでも、下水工事となると5メートルを超える、

深いところに汚水管が、配置されているところもあります。

そんな深いところは、大震災で壊れた汚水管の修理工事も

大変困難な修復工事となります。

大震災で壊れた汚水管の修理工事

中には、道路を全面通行止めにしなければ

修理出来ないところもあります。

大震災で壊れた汚水管の修理工事

大震災で壊れた汚水管の修理工事

5メートルを超える、深い穴を掘らなければならないところは、

作業員さんが穴の中に入って補修工事を行うため、

山止めの方法も、頑丈なものにしなければなりません。

大震災で壊れた汚水管の修理工事

作業をしていないところは、転落防止用のネットを張り、

事故の防止に努めます。

大震災で壊れた汚水管の修理工事

東日本大震災で壊れた施設は、当然困難な箇所もあります。

一箇所ずつ私たちの会社にできることをコツコツすすめます。

人気blogランキング登録してます。

応援クリック願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク