仙台 5月のパトロール(その4)

(2013年06月10日)

東日本大震災で壊れた道路をなおしていただく

職人さんは、現地では極端に不足しています。

そこで、横浜から職人さんに出稼ぎしてもらいます。

昔は、東北地方から関東に冬場の出稼ぎが一般的でしたが

今はその反対です。

そこで、宿泊先の確保が問題です。

震災直後は被災した人たちもアパートや

賃貸マンションなどの住まいに避難しました。

復興のために日本各地から現地入りした人も

大勢いましたので、宿泊施設が不足しています。

幸い、宮城県出身の地の利を活かし、

何箇所か宿泊先が確保できました。

仙台市の北側に大和町があります。

大和町にも3箇所ほど宿泊先の確保が出来ました。

その中に、隣家が明治天皇にゆかりのある建物がありました。

菊のご紋

菊のご紋

現在は倉庫になっているようです。

菊の紋章のようです。

菊のご紋

仙台市周辺にも歴史的に、

大変貴重な建物がたくさんあります。

東日本大震災で頑張ってくれた建物を

これからも、後世に残していきたいです。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク