仙台 5月のパトロール(その2)

(2013年06月05日)

東日本大震災で壊れた下水道管を仙台市内でなおしています。

推進工法

推進工法

この下水管はもともと推進工法と呼ばれる

トンネルを掘る時の技術でつくられています。

下水管を埋設する深さが深いと、

穴を掘って下水道管を埋設するやり方では、

他の埋設管(水道管やガス管、電気ケーブル管など)

との取り合いや、土を掘る量が多くなり作業も困難になります。

この現場も深さは5メートルを超える深さです。

穴の中に作業員さんが入って修理しますので、

土砂崩壊にも細心の注意が必要です。

推進工法

作業員さんの安全が第一です。

土砂が崩壊しないように、山止めを行う仮設材は

慎重に計画する必要があります。

推進工法

推進工法

人気blogランキング登録しています。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク