横浜市旭区白根で有名建築家がプロデュースした住宅を造ります。(その3)

(2013年07月31日)

都内で有名な建築家、

李先生がプロデュースした住宅を

横浜市旭区白根5丁目に新築します。

有名建築家がプロデュース

この建物は、屋根部分だけ外断熱工法を採用しています。

屋根裏部屋を快適に利用するため、

断熱効果を最大限発揮できる外断熱工法としました。

外断熱工法とは、

マホービン住宅と考えるとわかりやすいです。

断熱材を通常は壁内に設けますが

外断熱工法は壁外に設けます。

こんな簡単なことですが、断熱効果が全然違います。

夏場に工事している大工さんが、暑さが全然違うと驚くほどです。

費用は少し高くなりますが

それでも、性能を考えると採用すべきだと思います。

だだ、施工するハウスメーカーさんや、

工務店さんが少ないのが欠点ですが・・・。

写真は断熱材が壁外に取り付けられ

通気層を設けて、屋根下地を取り付けたところです。

有名建築家がプロデュース

横浜市内の住宅地は、通常30坪ぐらいの敷地が一般的です。

ところが、今回の敷地は20坪ぐらいです。

いわゆる狭小住宅と呼ばれている住宅です。

また、狭小住宅は敷地が狭いため、3階建てがほとんどです。

3階建てを建てるには、容積率が高い地域でないと建てられません。

ところが、今回の建設地は100%の容積率です。

3階建てはほとんど建てられません。

小さめな土地に建築する小さな家造り。

屋根裏部屋の有効活用と外断熱工法の組み合わせが

小さな家造りには、とても参考になると思います。

この住宅には、建築家 李先生の魔法が、

他にもいろいろなところにかかっています。

例えば

なんと!!!間取りが可変可能なんです。

住む人の使い勝手によって

3LDKから2LDKに簡単に替えられます。

長い人生の住まうスタイルを考えた設計になっています。

現場見学会も予定していますので楽しみにしていてください。

現場の安全管理もしっかりチェックしてきました。

墜落、転落事故は大事故につながります。

はしごの滑り止め、はしごの固定もOKです。

有名建築家がプロデュース

有名建築家がプロデュース

開口部の転落防止処置も大丈夫でした。

有名建築家がプロデュース

有名建築家がプロデュース

万が一に備えての転落防止ネットの取り付けもぬかりありません。

有名建築家がプロデュース

有名建築家がプロデュース

住む人の笑顔がいっぱいで、

笑い声がたくさん聞こえる住まいを造りたいです。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックいつもありがとうございます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク