世田谷区太子堂で住まい造りをしています

(2013年10月11日)

都内や住宅の密集地では、日当たりの確保が難しくなります。

お隣さんとの離れを充分に確保できないからです。

とはいえ、神奈川県や東京都内の土地の価格は驚くほど高価です。

庭のスペースを確保して日当たりをよくする方法は

敷地面積が大きな住まい造りじゃないと無理があります。

太子堂住宅

建てている時には隣地は更地だったり、低層の建物だったのが

しばらくして、大きな建物が建つことはよくある事です。

住まいに日当たりは欠かせません。

どういう工夫をして、周りを囲まれても日当たりを確保できるか?

都会での家造りのポイントです。

2階にリビングを配置している、1階2階の逆転プランをよく造ります。

2階のリビングから屋上のルーフバルコニーにすぐ出られるように、

リビングに階段を配置します。

階段の頭上には天窓から日光を取り入れます。

太子堂住宅

2階リビングの天井中心部に吹き抜けをつくり日光を台所に取り入れます。

太子堂住宅

隣地の建物が建たない通路部分に、書斎スペースをリビングから

アプローチさせ大きな窓を配置して太陽光を確保します。

太子堂住宅

いろいろな日当たりの取り方を工夫できるのが、

規格型住宅ではできない注文住宅の良さです。

住まい造りを行なう敷地の条件に合わせて、夢の家造りを楽しんでください。

人気blogランキング登録してます。

いつもクリックありがとうございます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク