大津波で大災害を受けた宮城県亘理郡山元町磯浜漁港に水産物荷捌所を建設します

(2013年12月10日)

宮城県亘理郡山元町立中浜小学校

そこは、3.11東日本大震災で甚大な被害が発生し、

廃校になった学校です。

今では被害を受けた小学校がそのまま残され

被災者を供養する五輪塔が当時の様子を私たちに伝えてくれています。

中浜小学校から車で数分の場所に磯浜漁港があります。

この地に水産業の人たちが利用する共同利用施設

作業保管倉庫を新築します。

この施設は、山元町が震災復興している街のシンボルとして

扱いたいと町役場の担当者は話してくれました。

そして、町民が施設の完成を待ちわびているそうです。

この日は、天気も良く波の音だけが聞こえ

とても十数メートルの津波に襲われた地域とは思えないおだやかな漁港でした。

亘理郡山元町磯浜漁港に水産物荷捌所

現場は基礎工事の最中でした。

亘理郡山元町磯浜漁港に水産物荷捌所

亘理郡山元町磯浜漁港に水産物荷捌所

亘理郡山元町磯浜漁港に水産物荷捌所

基礎工事で大切な生コンクリートと鉄筋が、被災地では不足しています。

この現場の近くでも、防波堤用のテトラポットを大量に作っていて、

生コンクリート工場の生コンはほとんどがテトラポット用でなくなります。

また、もともと仕事量が少ない東北地方ですから

鉄筋加工できる職人さんが少ないのです。

そこに、今回の大震災での復興工事が大量に発生し

職人さん不足と建設資材不足になっています。

大震災で亡くなられた皆様のご冥福を祈りながら

被災者の方々が元気に前に進めるように

私たちも震災復興工事を応援させていただきます。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク