東名高速道路の横浜インターそばで産業廃棄物の中間処理施設を新築しています。

(2014年02月28日)

産業廃棄物の処理は厳格に処理方法が法律できめられています。

産業廃棄物の発生場所から最終処分場まで搬出する途中に、

中間処理施設が設けられています。

中間処理施設では、産業廃棄物の分別や破砕などを行い

最終処分が可能な状態にする施設です。

工場が一部稼動しながら新設工場の建て替え工事を

2期工事(はんぶんずつ)に分けて行ないます。

横浜では現在、各種職人さんが大幅に不足しています。

そのため、あちこちで工事が着工できずに

遅れている現場がたくさんあります。

お客さまのことを考えると、工事期間は計画どおりに

進めることがとても重要なことです。

いろいろな困難なことが仕事にはつきまといます。

それら困難なことを克服して、良い仕事につなげていきたいです。

現場は、鉄骨で上棟しました。

大きなPRシートもつきました。

産業廃棄物の中間処理施設

産業廃棄物の中間処理施設

東名高速道路 横浜町田インターそばです。

高速道路からも見える場所です。

産業廃棄物の中間処理施設

産業廃棄物の中間処理施設

産業廃棄物の中間処理施設

産業廃棄物の中間処理施設

最後まで無事故で、予定工期どうりに工事が進むように

現場の管理をしっかりやっていきたいです。

人気blogランキング登録してます。

いつもクリックありがとうございます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク