横浜市旭区で建築家がプロデュースした狭小住宅をつくります!

(2014年02月05日)

都内で有名な建築家 李先生がプロデュースした住宅を

横浜市旭区上白根に新築します。

建築家がプロデュースした狭小住宅

傾斜地に新築するため、よう壁工事が終わり、

基礎工事の最中でした。

建築家がプロデュースした狭小住宅

建築家がプロデュースした狭小住宅

建築家がプロデュースした狭小住宅

お施主さんから見た基礎工事の注意点として、

専門家が気付かないところが、お施主さんの検査対象かと思います。

専門家は専門分野しか見ていません。

例えば、敷地内が整理整頓されているか?

道路が掘り出した土で汚れていないか?

重機が出入りしますので、側溝が壊されていないか?

近所に騒音・トイレ・駐車等で迷惑を掛けていないか?

自分が、ご近所の人になったつもりで工事を見てください。

どんなことが迷惑になるのか見えてくるはずです。

そのご近所と今後、長い間付き合いするのですから、

その人達の気持ちを大切にしなければなりません。

専門家はそういったところを見ていません。

検査を通す為、鉄筋のピッチや径・継ぎ手長さ・

被り厚・開口補強・配筋要領等々見ていくのに手一杯です。

そう云った専門的なところは監理者と検査員がWチェックしますので、

その人達が見落としがちな、ご近所の目と云う視点で現場を見てください。

横浜市街地の住宅地は通常、30坪ぐらいの敷地が一般的です。

ところが、今回の敷地は27坪ほどです。

ちょっと小さめの敷地です。

小さめな土地に建築する小さな家造り。

屋根裏部屋の有効活用。

小さな家造りには、とても参考になると思います。

この住宅には、建築家 李先生の魔法が他にもいろいろなところにかけてあります。

例えば

なんと!!! 間取りが可変可能です。

住む人の使い勝手によって3LDKから2LDKに簡単に替えられます。

子供さんが独立した後の使い勝手など

永い人生の住まうスタイルを考えた設計になっています。

現場見学会も行ないます。

楽しみにしてください。

その他にも、いろいろな魔法がかけられています。

どんな魔法か? 自分の目で確かめて下さい。

見学希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話番号は

0120-771-386

です。

住む人の笑顔がいっぱいで、

笑い声がたくさん聞こえる住まいを造りたいです。

人気blogランキング登録しています。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク