3.11東日本大震災で被災した宮城県七ヶ浜町で排水路の整備工事を行っています!

(2014年03月06日)

宮城県七ヶ浜町は東日本大震災で甚大な被害を受けた街です。

地名のとおり、七つの浜を持つこの街は

震災後海水浴場は閉鎖され、

悪夢の3.11から時間が止まっています。

あれから3年です。

堤防を乗り越え津波が街を襲いました。

大津波は堤防を越え、道路を超え、ガードレールをなぎ倒し

住宅を飲み込みました。

堤防より低い住宅地は全て大津波に飲み込まれ

小高い住宅だけが被害を逃れました。

この地域の排水路は、震災の影響で大きな被害を受け

生活廃水や雨水排水がきちんと排水できなくなりました。

そこで、今回の排水路整備工事となりました。

宮城県七ヶ浜町で

宮城県七ヶ浜町で

側溝用に掘った穴に基礎砕石を敷きならし、

基礎コンクリートを打設して、側溝を並べます。

宮城県七ヶ浜町で

宮城県七ヶ浜町で

側溝は工場で作られ、

大型のトレーラーで現場に搬入されます。

この地域は、海のとてもきれいな海水浴場だったようです。

一日も早く、震災前に復興してもらいたいです。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク