3.11で被災した人たちにも利用されている町営住宅を建設します!

(2014年03月05日)

仙台市の北側に富谷町があります。

富谷町から発注された町営住宅の建設現場です。

この町営住宅の隣接に、使用中の住宅があります。

昨年、私たちが新築させていただいた公営住宅です。

3.11で家を無くされた方も、お住まいになっているようです。

富谷町町営住宅

富谷町町営住宅

このあたりは、海からはずいぶん離れているので、

津波の影響は受けませんでした。

しかし、大地震の被害は津波だけでなく、

山あいの街にも大きな被害をもたらしました。

住まいのことで困っている人が多くいますので、

町営住宅ができると利用したい人は大勢いるようです。

現場は完成間近で、

内装工事と外まわりの外構工事の最中でした。

内装工事は、大工さんの仕上げ工事、クロス屋さん

水道屋さんの設備器具の取り付け工事などです。

一見、外見は完成しているように見えますが、

建物の中では、各職人さんたちが所狭しと働いてくれています。

富谷町町営住宅

富谷町町営住宅

富谷町はこの時期、雪がよく降ります。

昨年の外構工事の時も、雪かきしながら工事を進めました。

今年は、そうならないようにと祈っていましたが、

やっぱり雪でした。(涙)

富谷町町営住宅

富谷町町営住宅

でも、完成を心待ちにしている人たちのためにも

雪かきしながら、完成させます。

人気blogランキング登録してます。

いつもクリックありがとうございます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク