東神奈川でビルの外壁をなおしています

(2014年06月27日)

ビルも定期的に外壁のメンテナンスが必要です。

外壁は風雨や真夏の太陽など、様々な自然環境から

建物を守ってくれています。

住宅もビルも10年を一つの目安として、

健康診断を受けましょう。

同じ地域でも、自然環境から受ける外壁への影響は大きく異なります。

結果、数年で外壁が痛み、補修が必要な建物もあれば、

10年を超えても外壁が傷んでいない建物もあります。

今回のビルは東神奈川の駅前にあります。

外壁の工事を行う場合には、足場と呼ばれる仮設の作業台が必要になります。

この足場工事は、工事を安全に作業するためや改修する建物の養生、

また、近隣建物や歩行者に対する配慮など、様々な役割があります。

仮設工事と呼ばれ、軽く扱われがちですが、きちんと施工しないと

いろいろな問題を引き起こす元にもなる大切な工事です。

足場工事中はこんな感じです。骨組みを造り建物全体を包み込みます。

東神奈川駅前で外壁工事

骨組みに養生シートを着せると、完了です。

東神奈川駅前で外壁工事

9階建てのビルですから、屋上からの景色は最高!です。

花火大会もばっちりです。

東神奈川駅前で外壁工事

東神奈川駅前で外壁工事

でも、高所恐怖症の私は、恐る恐るへっぴり腰での

屋上見学でした(笑)

小冊子プレゼント

当社では、「外壁改修リフォーム工事に失敗しない8か条」の

無料小冊子をご用意しております。

外壁改修をお考えの方、は こちら の申し込みフォームから

「外壁改修の小冊子希望」と明記の上お申込みください。

すぐにお送りさせていただきます。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク