横浜市中区山手で地震に強い水道管に取替える工事をしています

(2015年01月06日)

横浜市内では、3.11東日本大震災の影響もあり、

あちこちで地震に強い水道管に入れ替え工事を行っています。

地震に強い水道管に取替える工事

水道管は、道路の下に1メートル以上深いところに埋められています。

これは、道路下のために自動車などの振動の影響を受けないとか、

冬場に水道管が凍結しないようにとかの理由です。

この深さになると、本下水道管や電気ケーブルや都市ガス管なども

埋められているために、簡単そうに見えますが、意外と大変な仕事です。

水道管は大別すると、道路下に埋められている本管と呼ばれる部分と

枝管と呼ばれる、本管から各利用者に分岐する部分の給水管に分けられます。

本管だけを地震に強い管に入れ替えるのではなく、

給水部分も地震に強い水道管に取替えます。

この時、各利用者には断水が起こります。

利用者にあまり影響が起きない日時や

時間帯に断水させてもらい、給水管を取替える必要があります。

地震に強い水道管に取替える工事

工事で一番大切なことは、やはり安全です。

工事現場では、さまざまな事故が起きます。

事故を起こさないように、あらゆるところに気配りします。

この現場は、少し傾斜地です。

駐車中の工事用車両で事故に結びつかないように、

車止めをしっかり取り付けます。

地震に強い水道管に取替える工事

工事関係者が事故を起こさないように、

作業員さんと安全ミーティングを行いました。

地震に強い水道管に取替える工事

工事関係者はもちろんのこと、近隣住民や一般通行車の

安全を最優先にして工事を完成させたいです。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク