社長ブログ

横浜市港北区日吉で建築家の魔法をかけた住まいを造ります!

(2015年06月09日)

建築家 古屋先生が設計したK邸を造ります。

工事の着工に伴い、地鎮祭を行いました。

港北区日吉で地鎮祭

港北区日吉で地鎮祭

地鎮祭(じちんさい・とこ しずめ の まつり)は、

土木工事や建築工事などで工事を始める前に行い、

その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得ます。

神式の一般的な地鎮祭の流れは次の通りです。

修祓(しゅばつ)

祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。

降神(こうしん)

祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。

神職が「オオ~」と声を発して降臨を告げる。

献饌(けんせん)

神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。

四方祓(しほうはらい)

土地の四隅をお祓いをし、清める。

地鎮(じちん)

刈初(かりそめ)

穿初(うがちぞめ)

鍬入(くわいれ)等が行われる。

設計・施工・建主に振り分ける事が多い。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたもの。

撤饌(てっせん)

酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。

昇神(しょうしん)

神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。

「おめでとうございます」の音頭に合わせ、

参加者で工事の無事と立派な建物が出来るようにお祈りして乾杯します。

神様からのお力もお借りして、工事中に事故が起きないように

注意して安全第一で工事をすすめていきます。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク