南三陸町の防災対策庁舎に行って来ました

(2015年11月09日)

3.11東日本大震災で

高波の被害を受けた

宮城県南三陸町

太平洋に面した静かな漁業の街。

宮城県南三陸町は岩手県の県境にほど近く

太平洋の海岸線が東部に広がります。

この地域は東日本大震災で大津波の被害を受けた地域です。

防災対策庁舎が当時のまま残されています。

南三陸町の防災対策庁舎

南三陸町の防災対策庁舎

大津波の被害から町民を助けようと

防災無線から離れなかった職員の声は

今でも頭に残っています!

南三陸町の防災対策庁舎

南三陸町の防災対策庁舎

4年半が経った、被災地の現実です。

さまざまな事情の中で、

被災地の方々は頑張って前進しています。

防災庁舎周辺は盛土で周りの景色が見えなくなりました。

南三陸町の防災対策庁舎

南三陸町の防災対策庁舎

再びあのような被害を

受けないために、

東日本大震災の復興を応援します!

私たちにできることを継続します。

人気blogランキング登録してます!

いつもクリックありがとうございます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク