社長ブログ

傾斜地に住宅を造ります!

(2016年02月23日)

横浜市は山坂の多い土地柄です。

地名にも、地形をあらわす言葉が多く入っています。

今回の現場の近くには、『長坂』『寺山』などの地名があります。

傾斜地に住宅を造る方法はいろいろありますが、

今回は敷地に擁壁を造り、宅地を平らにして住宅を造ります。

傾斜地に住宅

傾斜地に住宅

擁壁を造るうえでのポイントがあります。

この知識は、住宅を専門にしているハウスメーカーさんや

工務店さんにはあまり知られていません。

ので、こっそり教えます。(笑)

擁壁の敷地側には排水性を良くするために栗石や砕石を入れます。

栗石や砕石の代わりに最近では、

擁壁にシートを張り付けて工事するようになりました。

敷地側に雨水を溜めると、擁壁に負荷がかかり

長期的には壊れやすくなるため、

雨水を適度に排水してあげることが必要になります。

傾斜地に住宅

傾斜地に住宅

擁壁にコーナーには、土圧や家の荷重がかかり、

擁壁破損の原因になります。

そこでコーナー部分には補強工事を行います。

鉄筋とコンクリートでコーナー部分に三角に補強してあげます。

敷地内部の雨水を排水するための大切な水抜き穴があります。

形よく、敷地内部から敷地外部に雨水を誘導できるように

少し勾配をつけます。

傾斜地に住宅

傾斜地に住宅

土木工事が得意な当社の得意技です!!!

人気blogランキングしてます。

いつもクリックありがとうございます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク