3.11でお世話になった仮設住宅の解体工事をしています!

(2018年02月08日)

宮城県山元町は福島県と県境にある太平洋に面した街です。

イチゴや海産物が有名で、3,11では大津波で甚大な被害が発生しました。

住民の移転に伴い解体することになりました。

仮設住宅の解体

仮設住宅の解体

仮設住宅の解体

仮設住宅の解体

仮設住宅の解体

建築資材は分別して解体することになっています。

手作業で内部の造作部分を取り壊します。

仮設住宅の解体

当初2年の使用予定で建設された仮設住宅は、

丸6年間使用されました。

仮設住宅が寒いということでニュースでも取り上げられました。

断熱工事のリフォームを行い冬の寒さをしのぎました。

当時の断熱リフォームの面影が残っています。

応急的に外壁の外側から断熱材を張り合わせたり、

2重サッシにして、断熱リフォームをしました。

仮設住宅の解体

仮設住宅の解体

お世話になった仮設住宅!!!

感謝の気持ちを込めて、解体工事させて頂きます。

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク