横浜で20坪の2階建て狭小住宅を建てるときの間取りのポイントとは?

  • 都心や横浜など、人気のあるエリアは住宅密集地も多く、建て替えの際のお悩みと言えば、スペースが限られているということでしょう。
    ですが、創意工夫を凝らした2階建ての狭小住宅なら、広々と暮らすことが可能です。
    20坪の土地でも、間取りを工夫し、スペースを有効活用したプランニングで、狭さを感じさせない快適な生活空間を創ることができます。
    では、横浜で20坪の2階建て狭小住宅を建てる場合、間取りのポイントとして、どのようなことがあげられるでしょうか?

  • リビング・ダイニングキッチンは<br />   ワンフロアに
    リビング・ダイニングキッチンは
      ワンフロアに

    20坪の狭小住宅でも開放的なリビングは実現可能です。
    家族が集うリビングだけは広いスペースにしたいという場合、間取りのポイントとしては、他をなるべく省スペースにして、リビング・ダイニングキッチンにワンフロアを使うことです。
    また、大きめの窓を選び、たっぷりと自然光が差し込むようにすれば、明るいリビングになり、実際よりも広々と感じます。

  • 廊下やトイレもできるだけスマートに
    廊下やトイレもできるだけスマートに

    2階建ての狭小住宅では、廊下やトイレはできるだけスマートな間取りにするのがポイント。
    廊下に洗面台を設置する場合は、幅をとらない省スペースの設備を選びましょう。
    また、洗面台をトイレ内に設けることでスペースを省くことができます。
    階段下は収納スペースとして有効活用し、空間を無駄なく使います。

  • 寝室は最小限の間取りで考えてみる
    寝室は最小限の間取りで考えてみる

    寝室はお客様も入らないプライベート空間ですから、眠るだけなら返って5畳くらいのほうが落ち着くという方もいらっしゃいます。
    2階建て狭小住宅の寝室は、気持ちよく眠ることができる最小限の間取りを考えてみましょう。

  • 収納スペースを充実させた間取りで<br />  スッキリ暮らす
    収納スペースを充実させた間取りで
      スッキリ暮らす

    20坪の2階建て狭小住宅で快適に暮らすには、収納スペースを充実させることも大きなポイントです。
    例えば、ウォークインクローゼットを設け、一つの場所に衣類や小物をまとめることで、タンスなどの家具も不要になり、スッキリ片付いた室内で広々と暮らすことができます。

コラムについてのご質問はお気軽に!
  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク