地盤と基礎が良い家のポイント

  • 地形を表す代表的地名をご存知ですか?
    地形を表す代表的地名をご存知ですか?

    一部の例ですが、低湿地帯:悪田・江田・小田・沼田。砂州・干潟:伊砂・鹿田・州・手間。
    断崖:阿曽原・押出・掛・猿山・津江。
    などの地名があり、地名を聞くとどんな地形か想像できるのです。

    家を建てるときの重要ポイントは、地盤がどのような状態であるかということです。どんなに丈夫な良い家を建ても地盤が良く基礎がしっかりしていなければ、
    地震の時のことも心配で安心して住むことができません。

  • 安心して暮らせるよう対策を!
    安心して暮らせるよう対策を!

    土地を買うときには地名から推察し、その地の年配の方に地面の状況を聞くこと、周りの側溝や擁壁に亀裂が入っていないか、道端のアスファルトが波打っていないかを確かめます。

    そして明らかに硬い地盤だと保証がない場合は、費用をかけても専門の業者に地盤調査地耐力調査を依頼しましょう。そして地盤の強度や状況に合わせて、杭を打ったり、接地面の多い基礎を採用し、丈夫で長持ちする家を建てるために安心できる対策をとることが必要です。

    建て替えの場合も過信せず、調査すると安心ですよ。

コラムについてのご質問はお気軽に!
  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク