日本木造住宅産業協会の神奈川支部長に就任しました

(2019年09月13日)
日本木造住宅産業協会の神奈川支部長に就任しました

画像を拡大する

令和元年8月日本木造住宅産業協会の神奈川支部長に中鉢悟社長が就任しました。
新支部長としこれからの支部運営や抱負について日本木造住宅産業協会の「mokume vol.173」に掲載されました。
記事の一部を抜粋してここに掲載いたします。
「支部会員相互のコミュニケーションを図り、今まで以上に支部組織の強化を目指します」

神奈川支部は県と横浜、川崎、相模原の3市の間で木造応急仮設住宅の建設協定を終結しています。
万一の事態には、復興作業で得た知見や経験を支部の応急仮設住宅の建設や取り組みに役立てます。

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク