簡単ストレッチで健康力アップ!

(2006年02月24日)

柔軟性は年齢に関係なく向上します。
ストレッチは何歳からでも始められます。
運動経験のない人や体力に自信がない人でも気軽に実行でき、健康にも効果があります。

■こんなにある!ストレッチの効果
疲労回復……血行が良くなることで疲労物質をためにくい身体に。凝りやだるさも解消
老化防止……新陳代謝を活発にし、柔軟性を高めます。毎日筋肉を使うことによって、筋肉の衰えを防ぎます。
リラックス効果……筋や腱の緊張をほぐすと、脳もリラックスしてきてエンドロフィン(快楽ホルモン)が出てきます。
けがの防止……靱帯や筋肉の伸縮性が失われると関節の動く範囲が狭くなり、捻挫などけがをしやすくなります。
身体の歪みを矯正……足を組んで座る、いつも同じ方の手で荷物を持つ、等の習慣で少しずつ歪んでくる身体を矯正します。
美容に効果……血液やリンパ液の流れが良くなり、むくみや肌のトラブルの改善に。代謝アップでダイエット効果も望めます。

ゆ~ったり、の~んびりが基本。

慣れないうちはついつい力が入ってしまいますが、それでは十分に効果が得られません。
また、セカセカと急いでストレッチをするのも良くありません。
ゆ~ったり、の~んびりと、心も身体もリラックスさせることが大切です。

■ストレッチを行うときの5つのポイント
無理をしない……痛みを感じる前、心地よい範囲で10秒間同じ状態を維持します。慣れてきたら20秒、30秒と時間を伸ばしてみましょう。
息を止めない……息を止めると筋肉が緊張して収縮してしまいます。自然に呼吸をしましょう。
弾みをつけない……弾みをつけると筋肉がびっくりして縮もうとします。反動をつけずにゆっくり伸ばしましょう。
軽く身体を温めてから……事前にその場で足踏みや屈伸をして身体を温めましょう。お風呂上がりが一番効果的。
定期的に行う……たまにたくさん行うよりも少しずつでも毎日行うほうが効果的。< 《座ったままできる簡単ストレッチ(例)》
①両手を頭の上で組み腕を後方に引く
②両手を頭の後に組み身体を左右に曲げる
③膝に両手をつき、身体を前に曲げる。足先は起こしておくこと

健康が一番です
私は、腰痛に悩まされてからスポーツジムにいやいや通うようになり、健康の大切さを知りました。
ジムでのメニューの中にも、ストレッチがもちろん入っています。
私のように、健康でなくなってから健康を考えるのではなく、1人でも多くの方に健康でいて頂きたいし、その為にも、合間を見つけてストレッチをして頂きたいのです。

ちょっとした夢をかなえる家づくり。
家づくりは体力勝負ですよ(笑)

人気blogランキング登録してます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク