自動車道橋脚で偽装!!!

(2006年02月20日)

自動車道橋脚偽造自動車道橋脚偽造

検査逃れの為の偽装が、自動車専用道路の建設工事でも行なわれていた。
富山県の「能越自動車道」橋脚工事を巡り、発覚した基礎杭の偽装工作。
「木枠を使ってコンクリートを貼り付けた」と、工事の元請会社の担当者は偽装の手口を語り、「検査担当者は見て、計っていたが、気づかなかった」と打ち明けた。専門家は「業者がだます気でやれば、今の制度では対応できない」と指摘。建設行政のチェック体制の甘さが改めて浮き彫りになった。

2006.2.17 読売新聞より

今度は、自動車道の橋脚部分!
安全性に問題がないか、どうか?
今現在、調査中とのコメントが発表されました
橋脚の部分と言えば、自動車専用道路のいわば土台の大切な部位
橋脚の一部分が弱ければ、他の橋脚に与える影響、そして自動車専用道路自体の強度はどうなのでしょう?
高速走行している自動車に、自動車専用道路に異変が起きたらどうなるのでしょう?
考えただけでも、ゾッとします
どうしてこんなことが起きてしまうのか?
今後の調査報告を注目してみましょう。

人気blogランキング登録中!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク