「カタツムリ」より

(2008年08月28日)

静岡の友人が、「カタツムリ」という個人通信を葉書で送ってくれています。

■ズルイ自分の悪魔なささやき■

 先日、ある方のイチゴハウスを見に行きUターンして帰ろうかと思ったら、水道の蛇口に車をぶつけて水道管を破断させてしまいました。

 水が溢れて大慌て!元栓を閉めようとしましたが、あいにくハウスの持ち主がおらず、そのまま事務所に戻ることにしました。

 帰る途中、「誰も見ていないしそのまま黙っていればいい」とズルイ自分がささやきます。一方で「やはり人としてそのままじゃまずいし、水が溢れっぱなしでは持ち主に迷惑がかかる」とわずかな良心がつぶやきます。事務所に戻って持ち主に電話をしたのですが番号が変わっており、その方の知り合いに電話しても不通だったので、その日は家に帰りました。

 翌朝、連絡するかどうか、またズルイ自分と葛藤です。どんなにか、頬かぶりしてしまおうと思ったのですが、CLトレーナーだし、親としてもやっぱり責任をとらなければならないと思い、知り合いの方から電話番号を教えてもらいました。持ち主の方に謝罪するとともに、業者に修理を頼みますと伝えたら、「管も錆びていたし、自分で修理できるからいいよ」と言ってくださいました。

 持ち主の方にはビールとお詫びの手紙を送らさせていただきましたが、正直に伝えていなかったらきっと後悔の念にさいなまれていたと思います。このズルイ心はきっと死ぬまでなくならないと思いますが、次もなんとか打ち勝っていきたいです。持ち主の方に心から感謝です。

ズルイ心は、誰の中にも・・・。
ズルイ心に打ち勝ちたいし、皆様にも打ち勝っていただきたいと考え、筆者の増田さんのお許しを頂きここに掲載がかないました。
増田さん、本当にありがとうございます。
私の中のズルイ心が原稿を書きたくないと言っています・・・(笑)

人気blogランキング登録してます!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク