【こおろぎ】がとどきました

(2008年09月09日)

こおろぎ人生を遊ぶ

 今年の夏は、本当に暑かったですね。皆さんはいかがお過ごしでしたか?私の今年の夏は、下田の神子元島でスキューバ・ダイビングのインストラクターをしていました。

 人によっては私を多趣味だと思っている人がいるようですが、自分では無趣味な人間だと思っていました。そのため年をとってもできる良い趣味はないものかと捜していたのです。そんな時、出会ったのがスキューバ・ダイビングでした。

 青く透き通った海を船で走り、水の中に溶け込む浮遊感と開放感は、地上では体験できない自然の世界なのです。

 そこで昨年一年をかけてダイビング・インストラクターの資格を取り、今年の初めからダイビングのインストラクターとしてデビューしたのです。

 地元の高校を出て警察官となった私が、会社の経営をすることになり、講師となって全国を回ったり、大学生になったり、ダイビングのインストラクターになるとは、全く予想もしていなかったことです。人生は、本当にわからないものですね。

 父の借金を背負って必死に経営していた頃に「人生は、遊びだ」と言われたら、「何をふざけたことを言っているんだ」と思ったと思うのですが、私は最近「人生は、遊びだ」と感じています。もしそう感じていなければ、いまだに会社にしがみついていたと思うのです。

 「おもしろき こともなき世を おもしろく」という高杉晋作の辞世の句がありますが、私が死んでも50年も経てば私が生きたことも忘れ去られるでしょう。そう思うと、お金や物に固執して人と争ったりすることは、本当に意味のないことだと思います。

 どうしても「人生を遊ぶ」というと、短絡的に楽しみをイメージを持たれるかもしれませんが、生きていることの価値を本当に楽しもうと思ったら、損得や物に固執するよりも、自分という存在を最高に輝かせるしかないと思うのです。

 私がおもしろい人生を生きることで、誰かが自分の人生に夢を持つようになったら、これほど幸せなことはないと思います。
 人生を最高に遊びましょう!

杉井保之氏 「こおろぎ」より

人気blogランキング登録中です!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク