3.11東日本大震災で被災した宮城県七ヶ浜町で市街地の復興工事を行います

(2015年09月09日)

宮城県七ヶ浜町

太平洋に面した七つの砂浜を持つ海の町。

そこは3.11東日本大震災で甚大な被害を受けました。

町役場には当時の大津波が街を襲ったときの状況や

トルコからの緊急支援救助のようすが展示されていました。

被災地の実態は、まだまだとても復興が進んでいるとは

言えない地域がたくさんあります。

復興したくても発注、監理する公共機関の役人さんが

圧倒的に不足しています。

工事を請け負う建設会社の監督さんや職人さんも不足しています。

2011.3.11

 
この日、愛する家族や大切な住まいをなくされた方は大勢います。

あらためて、天国に行かれた方々のご冥福をお祈りいたします。

そして、あらためて故郷の復興のために

お役に立てるように頑張ることを誓います。

七ヶ浜町の被災者の方々は、七ヶ浜中学校のグランドに建てた

仮設住宅で生活されています。

当初、2年の期間で決められた仮設住宅は4年を過ぎた今、

5年間利用するように改正されました。

点検をして、不備がある仮設住宅は

必要に応じて修理しているようですが

もともと2年間の予定で急きょ突貫工事で建設した仮設住宅です。

暮らしている人たちの不便さが聞こえてくるようです。

そんな七ヶ浜町で、大津波で流された住宅地の

下水道管を修理する工事を行っています。

復興工事

海のすぐそばなので、下水管を埋めようと穴を掘ると

海水が湧き出てきます。

ウェルポイント工法と呼ばれる排水作業を並行して行っていますが

海水が大量に流れ込み、作業をより困難な工事にしています。

復興工事

復興工事

復興工事

海水の量が多いところは、大型の水中ポンプも併用して

排水作業を行っています。

復興工事

復興工事

復興工事

工事にたずさわってくれる人たちの健康

安全に工事が行われることを目指します。

七ヶ浜町にお住いの人たちのお役に立てるように

仙台支店の社員さんたちと一緒に頑張ります!!!

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク