大和駅前で6階建てのビルを建ててます!

(2015年10月26日)

大和駅は相鉄線と小田急線の2路線が乗り入れている

乗降客がとっても多い駅です。

そのため、一般企業の出店も多く、

それに伴い食事をするお店や、お酒を頂くお店など

様々なお店が立ち並んでいます。

そんな大和駅から徒歩3分の好立地に

6階建てのビルを新築します

大和駅前の7階建てビル

大和駅前の7階建てビル

現場では、部屋部分のコンクリート工事が終わり、

屋上部分の型枠工事と断熱工事が行われていました。

大和駅前の7階建てビル

横浜市都筑区でのマンションの杭工事問題が報道され、

ビルやマンション工事の施工管理の重要性が大きく取り上げられています。

私たちは、お客様の立場に立ちきちんとした建物をお引渡しするように

社員さんと今回の問題を他人事ととらえず

きちんと工事を行うことを確認しました。

さて、一般の方は鉄筋コンクリート造りの

工事中の内部の様子は見たことないと思いますので

今日は特別に工事の裏側見せちゃいます!!!

1階内装工事の様子です。

断熱工事が終わり、空調工事、電気工事の施工中です。

大和駅前の7階建てビル

2階床のコンクリート工事、断熱工事
空調工事が完了した様子です。

大和駅前の7階建てビル

3階コンクリート工事が完了した様子です。

大和駅前の7階建てビル

6階コンクリート工事中の様子です。

コンクリートが固まるまで、型枠をそのままにしています。

おおよそ1か月ぐらいでコンクリートは固まります。

大和駅前の7階建てビル

鉄筋コンクリート造りですので、

コンクリートを打ち込むと鉄筋は見えなくなります。

大地震からビルを守るために鉄筋工事は大切です。

鉄筋工事が終わると、鉄筋の検査をしてからコンクリートを流し込みます。

現場では安全第一です。

事故を防ぐためには、作業環境が大切です。

現場内の整理整頓、掃除がきちんと行われている現場では

事故が少ないようです。

また、工事のミス、手抜きなど品質に関係する部分も

整理整頓された、きれいな現場では起こりにくいようです。

ビル工事であれ、マンション工事であれ、木造の住宅工事であれ

このことは共通です。

工事関係者でそのあたりの確認や

工事現場内での危険な個所や危険な作業の確認を行いました。

年内完成を目指して急ピッチで工事が進められるようです。

無事故で完成を目指します!

人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします!

関連記事

もっと見る

  • 土地選びご相談へのリンク
  • 価格資料お申込みへのリンク
  • 小冊子プレゼントへのリンク
  • お問い合わせへのリンク